タバコを止めよう! 禁煙すれば健康で節約にもなる話

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
googleアドセンス

タバコは止めたいけど、止めれないという人のために

「タバコは止めたいけど、止めれない」という人は本当に多いと思います。
僕は禁煙して7年目になり、禁煙に成功しました。
せっかくなので、タバコを止めれない人のために
僕がどうやって禁煙できたかを、ありのままお話したいと思います。

これで、少しでも多くの人達がタバコを止めて、
無駄な事に大事なお金を使わないようにし、健康になってもらえればと思っています。

4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s

僕がなぜ禁煙しようと思ったか

多分タバコが原因 〜やたらと咳が出る〜

そもそもなぜ、禁煙しようと思ったかをまずお話しようと思います。
まず、僕が禁煙しようと思ったか・・・

それは、もともと喉が弱い事もあったのかも知れませんが、
30歳を過ぎたあたりから、やたらと咳が出るようになりました。

風邪を引いている訳でもないのに年中ゴホゴホ言ったり、
喉に痰がからむ事がしょっちゅうで、
仕事での打ち合わせや会議の時にも
自分1人だけが咳をしている事に気付き始めたのが
35歳ぐらいだったと記憶しています。

この頃にはさすがにちょっとマズイんじゃないかと
多少ですが身の危険を感じてきていました。

節約のため、健康のために禁煙しなければならなかった

ある日、収入上がらない中で家のローンの事や保険など全てを見直すと
どうしても、自分で何かを我慢しなくてはならない事に気がついたので
何を我慢しようかと思った時に、いくつか候補がありました。

車、レジャー、食事などetc・・・

しかしこれらはどれも、家族と一緒に過ごすために必要な事。

一番なくてもいいものは何かを真剣に考えた結果「タバコ」でした。

タバコが自分にもたらしてくれるのは?・・・
イライラの解消? 美味しい味???? どうもよく分かりません。

タバコ

タバコで500万円以上も使う事になる?!

そして実際にタバコに使うお金を計算してみたんです。
タバコは当時「マイルドセブン1」が1箱350円でした。
僕は1日1箱のペースでタバコを吸っていたので

月に350円×30日で 10,500円
年間で10,500円×12ヶ月で126,000
当時35歳で仮に80歳まで生きると計算して
80-35で残り45年
126,000円×45年で5,670,000円

そうです! タバコだけでなんと500万円以上も
お金を使う事になるんです!

お金 おこづかい

高級車の1台が買えてしまうほどの値段ですね。
この500万円をもっと有効に使いたいと思いました。
今はタバコが400円以上している時代ですし
これからの値段は上がっていくでしょう。
もっと違う結果が出るはずです。

まだタバコを吸っている人は、単純なかけ算だけですが
一度こうやって数字にしてみる事をおすすめします。
是非計算してみてください。

一発で禁煙に成功する方法は?

禁煙グッズでタバコは止めれない

そして、いろいろと禁煙を試みました。
普通に我慢していてダメだし、いろんな禁煙グッズを試したりしましたが
どれもダメで、せいぜい1週間止めれたらいいとこでした。
ちょっとした病気で2週間ほど入院した事があり、
この時だけはそのまま止めれましたが、それでも1ヶ月でした。

簡単にタバコを止めた方法

結局いろいろ試しましたがどれもダメでした。
そんなある日の朝、奥さんが「アンタ病院予約してるから今から行ってきい。」
という指令が出ました。
「えっ!? なにそれ」って聞き返すと
病院の禁煙外来に10時に予約してあるから、行って来なさいとの事。
ちょっと強引でしたが、タバコを止めたかったのでいい機会だと思い
病院に行ってきました。

病院に行くと、先生もタバコを止めたとの事。
とりあえず、病院の先生の言うとおりにしましたが
やった事といえば薬を3ヶ月飲み続ける事だけ。

薬の中身は「ニコチン」だそうで、
そもそもニコチンは人体には無害で、
タバコに含まれる他のものが体によくないらしいです。

ただし、この「ニコチン」が禁断症状の原因だそうで
このニコチンさえ摂取すれば、禁断症状がなくなるという事でした。
つまり薬さえ飲んでおけば「ああ〜タバコが吸いたい〜」となってソワソワしたり、
タバコを探したりする事がなくなるので、あとは「癖で吸うタバコ」だけは自分でコントロールしてくださいとの事でした。

「癖で吸うタバコ」というのは、

  • 朝一番の一服
  • 食後の一服
  • 風呂あがりの一服
  • 寝る前の一服

などの、なんとなく自分で決めている「生活の節目」に吸うタバコの事です。
これさえ何とかすれば、確実に止めれますよとの事でした。

病院

そこで注意されたのは、このニコチンの薬は「貼るタイプ」と「飲むタイプ」の2種類のどちらかを選ぶのですが、飲み薬の方が効果は絶大との事で、

仮に効果の薄い「貼り薬」の方でやって禁煙に1度失敗すると、
次に再チャレンジしても禁煙できる確率は格段に下がるという事でした。

なので、先生には一発で禁煙できるよう「飲み薬」をすすめられました。

つまり、薬局で売っているニコチン摂取型の薬は、
正しく使ってしっかりと実践しなければ、
もし禁煙できなかったら次はないというふうに
思っていた方がいいという事です。

そして禁煙外来に通院

初診時にそんな先生の説明を聞いてからは2週間に1回のペースで通院して、
外来時にやる事は、機械で口から吐く息を計測し
先生に「タバコ吸ってない?」って聞かれるような検査をします。
これを薬を飲みながら3ヶ月間続けて、
その時止めれていれば晴れて禁煙が完了するわけです。

そしていくら病院に行っても禁煙は辛いだろうな・・・とか
ほんとに止めれるんかな・・・なんていう不安もありましたが、

通院が始まってみればこれが案外すんなりと、
何の苦労もなくタバコを止めることができたのです。

薬を飲んでからは、本当に禁断症状が全くなかったので、
自力で禁煙していた時の「タバコが吸いたい」っていう気持ちを我慢するという事がありませんでした。
タバコの事自体を忘れてしまっていたような感覚です。
「癖で吸うタバコ」も忘れてました。

禁煙してよかったと思う事

こうして禁煙外来のおかげで、タバコを止めてもう何年にもなりますが、
先日飲み会の時に隣に座っていた友人に頼んで試しに1本だけタバコもらい、吸ってみました。

すると・・・口の中が気持ち悪くなり、目眩がして頭がグルグルで
そのまましばらくグッタリしてしまいました(^_^;)

「もう僕の体はタバコを拒否しているんだな」と思い安心しました。
多分もう2度とタバコは吸わないと思います。

そして、タバコを止めてからというもの
変な咳は完全になくなり、喉がスッキリしています。
限られたお小遣いも、ゆとりができたのでタバコ代だったお金は
別の趣味などに使っています。

タバコを止めて本当によかったと思います。

タバコに悩まれているみなさんも、是非タバコを止めて
体とお金を大事にしてください。

タバコは何一つプラスにはなりません!
でも、タバコ止めてしまえばプラスしかありません!
タバコによって国に税金を収めるより、
自分のためにお金を使いましょう!
楽天ウィジェット
スポンサーリンク
googleアドセンス
googleアドセンス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です