マキタのコードレス掃除機は軽くてバッテリー長持ち

楽天ウィジェット

家では主に掃除を担当している僕ズボラーマスクですが
メインの掃除機は国産サイクロン式を使っています。
もう買って7年ぐらいになるでしょうか。
ダメになった部品やフィルターセットをネットで購入したりで
ここまでよく頑張ってくれています。(まだまだ使いますが)
しかし、ここにきてコードレスの掃除機も欲しくなってきました。
やっぱり重たいし、子供がスナック菓子こぼした時や
階段を掃除する時、エアコンを掃除したい時には
軽くてササッと取り出せる掃除機があれば重宝しますよね。

そこで、今話題になっている「マキタ」というメーカーが出している
コードレス掃除機が気になったので調べてみました。
そもそも、「マキタ」というメーカー自体僕は知りませんでした。
どんな会社なのでしょう。

これも調べてみると、主に業務用の機械メーカーで、
他には電動工具とか草刈機を作っているようです。

草刈正雄さんがイメージキャラで
「ニッポンの草刈りだ」というキャッチフレーズで
草刈機を宣伝していました。

この手のダジャレ、僕は嫌いじゃないです(^O^)

http://www.makita.co.jp/index.html

少し余談になってしまいましたが、
僕がなぜ、ダイソンやエレクトロラックスを差し置いて
これが気になったかといいますと、まずはその価格です!

だいたい、ダイソンは値段高すぎなんですよね。僕には・・・。
あと、「マキタ」はバッテリーが非常に長持ちであるという事と
更にフル充電するまでにはそれほど時間は必要ないそうです。

僕も以前は、充電式のコードレス掃除機を持っていたのですが
ほとんど使っていなかったんです。
何が原因かと言いますと、掃除の途中でバッテリーがなくなってばかりだったんです。
はっきり言って使えるものではありませんでした。
20分ぐらいしかもたないのに、充電は5時間ぐらいかかっていたように思います。

それがダイソンやエレクトロラックスも同じような感じで
フル充電になるまで約4時間必要で、使用時間は約20分〜30分といった具合。
商品のグレードにもよりますが、マキタの掃除機は
フル充電にかかる時間は約22分、使用時間は約40分なんです。

この差は大きいです。

ついでに言うと、ダイソン、エレクトロラックスよりは
騒音が小さいのも特徴としてあげれられます。そして何より軽い!
ただし、デメリットもあるようで
ダイソンと違ってマキタは吸引力は徐々に落ちるみたいです。
これについては、マキタの掃除機も吸引力自体はしっかりしているので
マメにゴミ捨てをすれば吸引力は持続できるはずです。

ちなみに、コードレス掃除機で意外と知っていて損はない情報として
「あとちょっとだったのに〜」という時にバッテリーが切れてから
充電してスグに使いたい場合がよくあります。
そんな時に何分充電したら、スグに動かせるのかということ。
ダイソン、エレクトロラックスは動かせるまで約5分充電が必要。
一方マキタは動かせるまで約1分充電すればOK!
1分充電すれば、3分〜5分は使えるようですよ。

コードレス掃除機を買う前には意外と知っておいて欲しいポイントです。
マキタのコードレス掃除機は様々なグレードがあるので
各ご家庭にあったモノを選ばれるのがよいかと思います。

マキタ 充電式クリーナー CL102DW

31PJk+M11bL

マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW

一応ですが、サイクロン式じゃないです。紙パック式です。
まあ、紙パック式の方が「ダニ対策」にもなっていいんですけどね。

吸引力も大事ですが、コストパフォーマンス、軽さ、バッテリー
などなど、総合的に見てバランスがとれた商品ではないでしょうか。

41EWsvIkIpL

■Amazon

マキタ 充電式クリーナー CL102DW

マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW

■楽天市場

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
googleアドセンス
googleアドセンス
スポンサーリンク
googleアドセンス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です