ズボラに生きるための道は楽じゃない

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
googleアドセンス

今までの僕は

僕はこの1年間ほど「不労所得」について、真剣に考えるようになった。
今は会社員として日々納期に追われながら、ひたすら仕事をこなしていく毎日。
子供の時から絵を描く事が大好きで、次第に「グラフィックデザイナー」という職業をやりたいと思うようになった。

そして今ではその夢を実現し、デザインの世界でやっているけど、何かが違う。
僕がやりたかったのは、もっと楽しくてやり甲斐のあるクリエイティブな仕事だったはず。
ポスターや広告、CIやVIがやりたかったし、そんな世界を夢見ていたけど

現実は違っていた・・・

実際にやっている仕事といえばマニュアルやガイドの
単価の安いページものの量をこなすのががほとんど。
しかもページ単価の相場が過去に比較すれば、ずっと安くなっているから
とにかく数をこなさなくては売上にならない。

僕が20代の時は単価まだマシだったし、やればそれだけ収入が増えると信じてここまでやってきた。
そうやって年を重ねキャリアも積んできたが、実際には思っていたほど収入は増えない。

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

40代に入り会社役員になってから

そして40代に入って形だけの役員になり責任は大きくなるが、収入はお小遣い程度増えるだけ。
周りからも高給取り扱いされている。

そして役員会議に参加するようになって解った事は
この不景気で先が見えない時代、僕も含めて誰も会社を辞めてフリーでやろうとしない。
だから、どんなに嫌な仕事でも毎日満員電車に揺られ必死に会社にしがみついている。
とりあえず出社すれば給料はもらえる。

ロバートキヨサキの金持ち父さんが言っていた言葉を思い出す。

「社長は社員が辞めない程度の給料しか払わないし、社員はクビにならない程度に懸命に働く」

まさにその通りだという事がはっきりと理解できるようになった。

ましてや国からの年金や退職金だけでは、どう計算しても老後の生活費が足りない。
僕の父親の時代とは明らかに変化している。

もう国も会社も助けてくれない時代

ずっと同じ会社で働き続ければ、老後の生活を保障してくれるような時代は終わった。
つまりは僕が65歳、いや70歳まで働いたとしても、
その後の保障はない。死ぬまで必死に働かなければいけない。何のために?

家族のため? 自分のため? 会社のため?

一度しかない人生、会社のために働く理由が見つからない。
本当に大事にしなければならないのは会社や目先の給料じゃない。
お金のためにボロボロになるまで働いて、いったい何が残るというのだろう。
自分の時間を給料に変える作業をどれだけこなしても、それほど生活は楽にならない。
「不労所得」を増やし「資産」を増やさなければいけないと思う。

これからは夢をもって生きていこう!

夢や希望を失って、死んだように会社で働き続けること・・・
僕はそんな事は望んでいなかったはず。
日々の仕事に追われ、大事な事を忘れていたように思う。

40歳を過ぎたって夢を持っていいはず!
他の誰にも「夢」だけは奪えない!

会社の役員だから、会社の利になる事しか発言できない。
自分の意志とは違う事を部下に言わなくちゃいけない。
そんなポジションは嫌だ! 絶対に嫌だ!

もうすぐ会社を辞めようと思う。
これからは、僕の思うように生きてみようと思う。
家族のため、自分のため、夢のため、未来のため。

そのためにこのブログを続けていこうと思う。
このブログに来てくれた人に少しでも便利な商品を知ってもらって、
少しでも忙しい毎日を楽にして欲しい。
ここにさえ来れば、何かいいモノが見つかる。
そんなブログを目指して日々精進です。

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
googleアドセンス
googleアドセンス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です